本文へ移動

ます寿司へのこだわり

とと屋のます寿し

とと屋のます寿しにはたくさんの工夫があります。

  • 一つ目はお米です。
    とと屋の地元・滑川産のコシヒカリと富山県朝日のミルキークイーンの二種類のお米を使っています。
    二社の農家が水の管理にこだわって作ったお米です。
    お米は水と土と気候が命です。立山連峰から栄養分を多く含んだ川の水が田んぼに流れ込んできます。
    それから肥えた土。そこで育ったお米はとてもおいしい旨味があります。
  • 二つ目はお酢です。
    三種類のお酢を炊きあがったお米に混ぜています。
    甘めのお酢・コクのあるお酢・酸度のあるお酢、これらのブレンドでおいしい酢飯ができています。
  • 三つ目はお魚の下処理です。
    一切れ一切れ丁寧に切って、キッチンペーパーに並べ水分を切り、振り塩をして、しばらく寝かせてからお酢で洗っています。
    この下処理があるので魚の臭みが抜けます。
  • 四つ目はネタの厚さ・新鮮さです。
    脂がのった新鮮な身を厚く切ることによって、魚本来の味が楽しめます。
この隠れた工夫がとと屋のます寿しの味を作っています。
お祝い事やお土産、家族や親戚が集まる場の彩りにもぴったりです。是非、一度召し上がってください。