最近の記事

カテゴリ別の記事

月別アーカイブ

営業カレンダー

定休日、祝日、臨時休業
インターネットでのご注文は24時間受付ております。

お電話でのご注文

08002006769

【受付時間】9時~18時

お電話でのご注文

0764766768

注文書(PDF)をダウンロードする
(印刷してご使用ください)

フェイスブック ぶりとと屋

米騒動

とと屋から車で10分くらい魚津市の海岸通りを走ると

「米騒動」の発祥の地があります。富山県魚津市本町1-2-33

この騒動は当時(1918年)漁師の母ちゃん達が起こした無血の革命です。

米価格の引き下げや安売りを要求した革命のことです。

富山県魚津漁村の女性たちを中心とした米価高騰に対する抗議からの騒動をきっかけにして、全国に広まっていきました。

米問屋などが襲われました。当時は十二銀行の倉庫に預けられました。

 

第一次世界大戦の好景気(大戦景気)により、

米の生産量は減少する傾向にありました。

米の生産量の減少に加え、高い利益を見越した地主や商人によって、売り惜しみや買い占めなどもおこったため、米の価格は徐々に上昇していきました。

同時に大戦景気は米以外の物価上昇も引き起こしましたので、庶民の生活はますます苦しくなっていきます。

当時、富山県魚津港では、北海道への輸送船「伊吹丸」が寄港しており、その移送を何とかしようと住民らが米商店などに何度か足を運んでおりましたが、警官に止められていました。

同年7月、ついに住民の怒りは爆発、特に家計を預かる主婦たちが決起し米騒動が起こりました。

この騒動では、当時1升40~50銭だった米を35銭で販売させることができたそうです。

これがやがて新聞で報道されて、全国に広がっていきました。

魚津の母ちゃんたちが起こした無血の革命です!

当時の内閣は退陣、初の政党内閣誕生へと繋がりました。

一度見に来てください。

運が良ければ4月後半から5月の連休は蜃気楼が見ることができるかもしれません。