最近の記事

カテゴリ別の記事

月別アーカイブ

営業カレンダー

定休日、祝日、臨時休業
インターネットでのご注文は24時間受付ております。

お電話でのご注文

08002006769

【受付時間】9時~18時

お電話でのご注文

0764766768

注文書(PDF)をダウンロードする
(印刷してご使用ください)

フェイスブック ぶりとと屋

とと屋がある滑川市について

富山湾に面した立地で、定置網でホタルイカがとれるところで有名な「滑川市」。
ホタルイカは市の魚として選定され、
夜の海で青白く光る光景はとても幻想的で、
「ホタルイカ群雄海面」として特別天然記念物に指定されています。
また市内を流れる早月川など良質な水に恵まれており、リンゴの栽培などが盛んです。

是非一度お立ち寄りください。

とと屋は北陸自動車道滑川インターから海側に向かって車で15分くらいです。

召し上がり方

ます寿司

通常はそのまま切って食べますが、

1.焼いて召し上がっていただいても美味しいです。

パン焼くトースターで、下にアルミホイルをひいてマスを上向きにして3分くらい加熱してお召し上がりください。

香ばしく美味しくなります。

2.ワサビ醤油を少しつけても美味しくい召し上がれます。

お見舞い申し上げます

この度西日本の豪雨による水害被害を受けられた皆様に

心からお見舞い申し上げます。

とと屋 

とと屋のます寿しのアレルギー表示

とと屋のます寿しについて話しさせていただきます。
かつてお客様から「とと屋のます寿しにはアレルギー物質が含まれていますか?」と電話で問い合わせがありました。お子様がだめなアレルギー物質あるそうなんです。その当時ます以外にも調味料にもアレルギー物質含まれていました。
その電話がきっかけでその後ノンアレルギーの調味酢に切り替えました。
それ以来、お客様から何度かアレルギー使用の問い合わせありましたがありませんと胸張ってお伝えしています。

会長の独り言

私には2年目に92歳で亡くなりましたが、福井に母親が一人で頑張っておりました。
80歳の頃です。当時自宅で焼いて食べれるように粕漬けや味噌漬けを定期的に送っておりました。
お正月に母のところに会いに行くと開封してありますがカビがでていました。
それを見るにつけ、もう自分のために調理をすることが面倒なんだと痛感しました。
そんなことがキッカケで個食でレンジで食べることが出来る煮魚、焼き魚の詰め合わせを考えました。
そうしたら母は送った商品を食べてくてれました。
それを見てとても嬉しかったこと覚えております。
これがこの商品考案のきっかけでした。
故郷に帰ったときには皆さんも親御さんの食事に気を張ってみて下さい。

贈った方に喜ばれたいあなたに!

贈った方に喜ばれたい方は必見です!

とと屋の商品はどの商品も化学調味料は使っておりません。

調味料を使っていないので、使う素材には大変こだわっています。

その会社まで行って衛生やその他をチェックしたりしています。

素材にいいもの使い、丁寧に作り、出来るだけ出来立てをお届けすると化学調味料はいりません。

とと屋は安心安全をお客様にお届けしています。

 

とと屋の商品を食べた方は

食べた方はやる気が湧いてきて元気が出ます。

会話がはずみます。

愛情たっぷりのとと屋の商品を

ぜひお試しください。

セラ水販売しています

とと屋ではお店の中や手指の消毒にセラ水を使用しています。

セラ水は手に付けても手が荒れません。

箱の商品は300mlサイズでとても人気です。

スプレーなのでそのまま使えます。

価格は1540円です。

品切れしていたのですが本日新たに入荷しました。

https://www.totoya.co.jp/products/detail/48

セラ水は除菌効果のある安心な弱酸性水です。

消臭や除菌としてお使いください。

魚津水族館 サクラの名所

とと屋から車で約3分ほど魚津市側に行くと

魚津水族館があります。

今の時期は桜が満開です。いつもですと夜は花見の客でにぎわいます。

この水族館ではおよそ330種1万点の水の中の生物を展示しています。

http://www.uozu-aquarium.jp/詳細はこちらでご覧ください

いつもですとゴールデンウィークは人出でいっぱいですが、

子供たちの楽園です。

今年は新型コロナウイルスで4月15日まで休館しています。

お隣はミラージュランドという名前で遊園地になっております。

大きな観覧車もあります。いろいろな乗り物があります。

是非一度お越しください。

国登録建造物の慶野家です

廣野家は旧北陸街道に交差する中川沿いの角地、橋場近くにあります。

少しわかり辛いかもしれません。私も探しました。

何度も前を通り越しました。

国登録建造物の慶野家です。

大正3年(1914)に深井省吾という株屋が滑川の堂宮大工・岩城庄之丈に建築を依頼したもので、

昭和初年頃に廣野家が購入しました。

景気の良い時代でした。この4年後に魚津市では米騒動が起きました。

ここの海岸部で滑川の米騒動が勃発しました。

木造2階建、入母屋造、妻入り、町家風の繊細な出格子を持つが、間取りは自由な数寄屋風の書院造で凝った造りになっている。屋根裏には寺社建築に用いられる技法が見られ、特徴的な外観になっている、素晴らしいい建物です。

趣がありますね。

一度見に来てはいかがでしょうか?